トピックストピックス

2018.05.26事務局より一覧へ

第26回 日本金属工事業協同組合 通常総会終了報告

2018年5月25日(金)14:00より台東区上野精養軒にて総会が行われた。

総会時の組合員数93名、出席者数48名、委任状37名で合計85名と定足数に達している。
来賓は国交省・全国中小企業団体中央会・東京都中小企業団体中央会・建設産業専門団体連合会・日本アルミ手摺工業会他オブザーバー数社の出席もあった。
第1部で各委員会、各ブロック長より昨年度の活動報告及び今年度の方針報告が行われた。
第2部で通常総会を滞りなく終了。
第3部で講演会「建設キャリアアップシステムについて」の題材で(財)建設振興基金の企画調整課長石原様に講演をしていただいた。
第4部で情報交換会が行われ。全て滞りなく終了しました。
昨年度は組合員数の増加、また、新たに北海道ブロック、九州・沖縄ブロックの本格活動の年でもあった。両ブロック長は一年間の功績に対し年間優秀賞が授与されました。(写真参照)
今回は技術検討委員会で昨年より取り組んできた「公共工事標準仕様書」の改定を見据えて外装パネルなどに使用するボルト類の各種耐力試験の補助金申請も総会3日前に承認が下りました。
今年度はさらなる組合員数の増強、技術検討委員会の試験策定など活発な活動が予想されることから情報交換会でも和やかな雰囲気の中、意見の交換がなされ名残惜しく解散となりました。
今後共皆様のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。
日刊建設工業新聞(20180530付).pdf

PAGE TOPPAGE TOP